署名にはユーザーの知りたい内容を

署名にはユーザーの知りたい内容を
用意したアドレスはフル活用わかりやすく表示しておこう
メールアドレスを複数用意したら、それらをショップ内にわかりやすく表示しておきましょう。たとえば、問い合わせ用アドレスは「問い合わせ先」としてトップページに表示しておけば、ユーザーがどのアドレスに連絡すればいいか迷うこともなく、「注文用のアドレスに問い合わせのメールが来てしまう」といったトラブルも防げます。

問い合わせの内容によってメールアドレスを使い分けている場合は、問い合わせ先を一覧にして表示しておくと、よりユーザーに分かりやすく親切です。

また、注文用のアドレスには自動返信メール機能を活用して、注文内容の確認や、発送のお知らせなどを定型文で行うようにすれば、作業を省くことができ、対応もよりスピーディーになります。

署名にはユーザーの知りたい内容を

ユーザーが知りたい内容を予測して情報を集約
メールの署名には、ただ所在地だけを記載しても意味がありません。ユーザーの知りたいことを予測して、必要とするであろう情報をあらかじめ署名に盛り込んでおきましょう。

ショップの名前・所在地・責任者・電話とFAX番号は必須。商品発送のメールには、配送状況がわかる配送追跡のURLも記載しておけば、ユーザーが商品到着までに不安を感じることもなく、親切です。

また、新商品の情報やキャンペーンの告知文を入れておけば販促効果が期待できます。ただし、重要な項目の表示の邪魔になったり、押しつけがましい印象を与えたりしないように、1〜2行に収めるようにしましょう。

その他、メルマガを配信している場合には、配信の停止手続きを行うページへのURLを記載するなどの配慮をしておけば、クレーム防止になります。

メール対応もサービスだと考えて
ユーザーとの信頼関係を築きましょう
大量のメールに対応するには、できるだけ作業を効率化することと、同時にユーザーへの配慮がなされていると感じられることが重要。メールは、ネットショップとユーザーの間になくてはならないものですので、上手に対応できる仕組みを作って、ユーザーとの信頼関係を築いていきましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。